子供とのドライブにぴったり!豊平どんぐり村

27
2019年05月17日 2019年05月17日
豊平どんぐり村野球場

名前は聞いたことがあったし道路に設置してある看板も見たことはありました。でもなぜか今まで一度も訪れたことのなかった「豊平どんぐり村」。

なんとなく、広島で人気のおむすび屋さん「むさし」のイメージが強くあって、「むさし」にちょっとした遊具があるくらいの規模を漠然と思い描いていたのですが、実際のどんぐり村は想像のはるか上をいく充実の施設でした。

遊べる・泊まれる・体験できる 道の駅 豊平どんぐり村

豊平どんぐり村で買う・食べる

どこから紹介したら良いのか分からないくらいに充実した施設の揃った豊平どんぐり村ですが、まずは特産品などを販売する「さんさん市」から。

豊平どんぐり村特産品売り場

古民家風の建物が「さんさん市」。豊平の特産品や、それらを用いた食品や加工品などがたくさん並んでいます。

豊平どんぐり村さんさん市の中

さんさん市のとなりに併設されたビニールハウスが「さんさんハウス」。中にはお野菜やお花などの苗がずらり。

豊平どんぐり村さんさん市の苗売り場

カフェもあります。訪れた日はとても天気が良かったのでソフトクリームが人気でした。

豊平どんぐり村のカフェ

カフェスペースはお弁当の持ち込みもOKです。「お弁当を持ってきたけど雨が降ってきた」「暑すぎて外でお弁当を食べたくない」という方は、このカフェスペースでどうぞ。

豊平どんぐり農園

私たちは厳選いちごのソフトクリームをいただくことに。これはこれで美味でしたが、次食べるときは特製バニラと厳選いちごのミックスかな。

どんぐり村のカフェいちごソフトクリーム

さんさん市の隣にあるのが「むさし」。この時はお腹が空いてなかったのでスルーしましたが、お弁当などを持たずに来ても安定して美味しい食事を食べられるのが、豊平どんぐり村の魅力のひとつでしょう。

「若鶏むすび」など人気のお弁当もテイクアウトできるので、お弁当は持ってこなかったけど外で食べたいという方にもピッタリ。

豊平どんぐり村むさし

豊平どんぐり村で遊ぶ

さんさん市から池を挟んですこし登ったところにあるのが「とよひらウイング」と呼ばれる総合体育館、ウエスタンリーグも開催される野球場、広大な芝生と遊具が嬉しいちびっこ広場などを擁する豊平総合運動公園。

ちなみに今回のアイキャッチ(トップ画像)は、野球場脇にある小さな階段を見つけて4往復ほど上り下り。なにやら満足そうに座り込む息子の姿です。

豊平総合運動公園にも駐車場が豊富にあるので、ちびっこ広場に行くときは車ごと移動してしまった方が楽です。歩いたとしても大した距離ではありませんが。

豊平総合運動公園駐車場

さんさん市からちびっこ広場に行く場合は、さんさん市を右に出てT字路を左折するとちびっこ広場に隣接する駐車場があります。暑い時期などは、木陰に停めておくのがポイントです。

豊平どんぐり村ちびっこ広場駐車場

遊具はこんな感じ。年季の入った物もチラホラありますが、子供にとっては充分楽しめるラインナップ。

豊平どんぐり村の遊具1

豊平どんぐり村の遊具2

豊平どんぐり村の遊具3

だだっ広い芝生ゾーンもあります。傾斜の上が遊具ゾーンでその奥のフェンスが野球場です。

豊平どんぐり村の芝生広場

転んでもダメージが少ないからか、芝生ゾーンでは自転車の練習をする親子がちらほら。

豊平どんぐり村で体験する・温泉に入る・泊まる

豊平どんぐり村は大きく分けると3つのエリアから構成されます。「きらきら市・むさしエリア」、「豊平総合運動公園(ちびっこ広場)エリア」、そして「どんぐり荘エリア」。

どんぐり荘ではそば打ち体験ができたり、お食事ができたり、天然ラドン温泉「龍頭の湯」でお風呂に入れたり、泊まったりすることができます。

豊平どんぐり村どんぐり荘

どんぐり荘に隣接する「おそば処どんぐり庵」。メニューをチェックしてみたところ、ざるそば・かけそばが720円といった価格帯のお店。ちなみに使用するそば粉は100%豊平産だそうです。

豊平どんぐり村どんぐり庵

豊平総合運動公園からみた全景。右にある黒い屋根が「むさし」で、その左の二棟が「さんさん市」と「さんさんハウス」。左に見切れている赤い屋根が「どんぐり荘」です。

豊平どんぐり村全景

近くには、いちご狩りやぶどう狩りが楽しめる「どんぐり農園」もある

今回は訪れていませんが豊平どんぐり村から車で5分ほどの距離に、いちご狩りやぶどう狩り、ブルーベリー狩りやトマト狩りが楽しめる「どんぐり農園」もあるそう。おそるべし、どんぐり財団。

豊平どんぐり村でめいっぱい遊んだら幾らかかるんだろう

フルーツ狩りをして子供をちびっこ広場で遊ばせる。小腹が空くタイミングでむさしのお弁当を食べて、温泉で汗を流して帰る。そんな充実したお休みを過ごせるのも、豊平どんぐり村ならでは。

でも実際のところ、お金は幾らかかるんだろうと気になったので計算してみました。うちは3人家族ですが、汎用性を高めるため両親+小学生1人と幼児1人の4人家族としての試算です。

どんぐり農園(いちご狩り):4,800円

1,500円x2(両親)+1,200円(小学生)+600円(幼児※3歳以下無料)

ちびっこ広場:無料
むさし:3,140円

880円x3(若鶏むすび)+500円(お子様むすび)

龍頭の湯:1,500円

600円x2(両親)+300円(小学生)+0(幼児以下無料)

合計:9,440円

ドリンク代やソフトクリーム代、ガソリン代などを含めると一万円をオーバーしますが、味わった楽しさ・得られた思い出はプライスレス。

広島市および近郊エリアにお住まいの方にはぜひ一度訪れていただきたい、充実のドライブスポット・レジャー施設でした。

道の駅 豊平どんぐり村
広島県山県郡北広島町都志見12609
営業時間:さんさん市 9:00-18:00(冬期17:00) / むさし 11:00-16:00(時期により変動あり)
休館日:第3火曜
電話:0826-84-1313
駐車場:450台

広島周辺エリアのお出かけ情報

1188note お出かけカテゴリー記事一覧

実際に子供(赤ちゃん)を連れて訪れた場所の感想などを書いています。

広島お出かけ情報
広島お出かけマップ

下記マップのピンをクリックすると詳細をご覧いただけます。


コメントを書く

コメントをどうぞ
お名前